Nです(*´︶`*)
今日も雨降りの一日のようです・・・(´д`)


お尻には昨日より少し薄くなった噛み跡が。
私の身体に刻んでもらったSの痕跡・・・
消えてしまうなんて悲しいな。


Sとの幸せいっぱいの時間を忘れないように
写真や噛み跡を眺めながら
Sとの逢瀬を思い出していました♡



夢のような素敵な時間o,+:。☆.*・+。


縄でキツく縛られると
目隠しをしているせいもあるのかも
知れないけど
普段の数倍・・・敏感になって
軽く乳首を舐められたりするだけでも
身体がビクッッてなります。


そんな敏感な私に
Sは容赦なくローターで意地悪を
してきました(〃ω〃)


IMG_2011



縄とアソコの間に
ローターを挟んでスイッチを入れると
振動を強くしたり弱くしたりして
私の反応を楽しんでいるようでした。


ローターがクリトリスに当たりながら
だんだんと強く刺激してくるので
私は突然の快感に耐えきれず
腰が恥ずかしく動いてしまって
縄で固定されたローターは
すぐに落ちてしまいます。


Sは「タバコを吸う間
落とさないようにしなさい」と
私に命令するのですが


私はとても耐えきれなくて
全然固定しておくことが出来ませんでした。


もっとクリトリスに当てて欲しい・・・
もっと気持ちよくなりたい・・・


そう思っても
すぐに落ちてしまうので
すごく焦れったくて
余計に興奮して溢れてきます。


Sはそれが分かっていて
わざと焦らしていたのかな・・・?


今まで感じたことのない快感を・・・
Sにたくさん教えてもらってます(*´˘`*)♥


次に逢うのがとても楽しみで
Sは今の私には欠かすことが出来ない
大切な存在です(♡ˊ艸ˋ)♬*


早くSに逢いたいな❤








なんだかお尻が痛いなって思って
自撮りで確認してみたら・・・(・・?)


IMG_1987



昨日Sに噛まれて
いっぱい叩かれた跡がクッキリ( ̄▽ ̄;)!!


IMG_1988



IMG_1983



昨日はまたまたSの言いつけ通り
逢いに行く途中で
アナルプラグを挿れたんですけど・・・
挿れる時に下着が濡れてしまったので
パンティはつけずに
ストッキングを穿いていたんです


いつもの様に目隠しをして
Sの縛りがスタート


ひと通り縛り終えると
アナルにプラグを挿れたまま
うつ伏せにされて
お尻を突き出す格好にさせられました


そんな格好のまま
Sにお尻を舐められながら
強く噛まれたり叩かれたり・・・


目隠しをしていると
自分は真っ暗で何も見えないけど
冷静に考えてみると・・・


明るい部屋で
Sに恥ずかしいところを
しっかり見られちゃってるって
コトですよね・・・♡イャン(*/ω\*)♡


そんな自分の姿を想像したら
恥ずかしくて痛くて
目隠ししながら泣いちゃいました(*/▽\*)


ストッキングを破かれてしまった時は
恥ずかしくて恥ずかしくて
顔が真っ赤になっていたと思います


だけど・・・
ストッキングを破かれる瞬間が特に
やめて欲しい気持ちがありながらも
それ以上の・・・なんとも言えない悦びを感じて
ものすごーく興奮します(*´艸`*)


恥ずかしいのに・・・
痛いのに・・・感じてしまう私


なんて変態なんでしょう(..• •..*)ぽっ


おはようございます(*´︶`*)Nです♡


まだ昨日の余韻が醒めず
頭がボーッとしている朝です(笑)


Sに縛ってもらった夜はいつも
とても心地よい疲労感に包まれ・・・
縄のギューッと締め付ける感触や
Sの肌の温もりや香りを思い出しながら
本当に幸せな気持ちで
眠りにつくことが出来るんです(*´˘`*)♥


昨日のエッチは
すご~く気持ち良かった(*´艸`*)


どこを突かれても
身体中に電気が走るような快感に襲われ
我を忘れて乱れちゃいました


IMG_1934



私・・・どんどん感じる身体になってます
最初の頃の気持ち良さとは
比べ物になりません(..• •..*)


だって・・・
Sのをお口でしてる時
喉奥に当たっているのが
まるで子宮口に当たっているように
感じるようになったり・・・


縛られていくだけで
立っていられなくなるくらい
アソコが溢れてくるようになったり・・・


IMG_1936



私の身体がどんどん変化していて
それと同じようにSへの気持ちも
どんどん強くなってます❤


出会ってもうすぐ9ヵ月になる私たち


少しずつLINEでの会話も減ってきて
最初の頃のドキドキは薄れてきました


だけど、以前より不安は
感じなくなった気がします


縄のおかげかな・・・?(笑)
縄が私たちを
強く結びつけてくれているのは確かなこと


出来ればこんな幸せな状況が
一年後も二年後も続いてたらいいな・・・


Sには感謝の気持ちでいっぱいです


あまりおしゃべりとか得意ではないし
楽しませてあげることは出来ない私だけど
Sが私と一緒にいて
少しでも安らいでくれたら・・・嬉しいな















↑このページのトップヘ